イベントレポート

東京ガールズ主催

CHEER︎☻EVERYONE(チアスマイルエブリワン) 

◆日程:2017年2月11日(土) ◆会場:サンリオピューロランド

◆主催:東京ガールズ ◆イベント制作,運営:クリスタリア株式会社

☆イベント概要はこちら

<レポート: チア☆ねっと 運営事務局>

2月11日(祝)、東京多摩市のサンリオピューロランドにて、CHEER☻EVERYONE(チア スマイル エブリワン)が開催されました。初開催となるこのイベントは、プレゼンテーション(発表部門)とコンペティション(競技部門)に分かれ、両部門併せて22チーム210人のチアリーダーが参加、日頃の練習の成果を披露しました。

会場となったのは、サンリオピューロランド内にあり、キャラクターがショーなどを行う「エンターテイメントホール」。参加したチアリーダーの保護者やご家族の方も350人以上来場されました。


 

イベントは、今回の主催者・東京ガールズのスペシャルパフォーマンスでスタート。このあと発表を行う200人のチアリーダーたちも、一緒に盛り上がりました!


 

この日のMCは、元NFLチアリーダーの佐竹美帆さん。

佐竹さんから「スペシャルゲスト」として紹介されたのは・・・

チアの衣装を着たキティちゃん!

3歳~中学生のチアリーダーたちは、キティちゃんの登場に大喜びでした!

 

続いて紹介されたのは、審査員3名のみなさん。

お一人目は、元NBA・NFLチアリーダーで東京ガールズ代表の柳下容子さん。ご自身がNBAチアリーダーだったころから「いつかキティちゃんとチアのイベントをしたい」という思いがあったそうです。

そして元NFLチアリーダーの堀池薫子さんと、プロバスケチームのチアディレクターなどでご活躍の下川さやかさんが紹介されました。

審査員の柳下容子さん、下川さやかさん、堀池薫子さん
審査員の柳下容子さん、下川さやかさん、堀池薫子さん

 

そして、会場にいる全員で「Go!Go!チアワン!」「Go!Go!チアワン!」のかけ声をして、元気よく発表がスタートしました。

 

まずはプレゼンテーション(発表部門)16チームの演技から。順位にとらわれることなく、日頃のレッスンの成果を発表する部門です。

中には、チアを初めて1年未満というチームや、いま話題のPPAPの曲に合わせてダンスするチームも!


 

発表の合間には、MCの佐竹さんがチアリーダーたちにインタビュー。

3歳くらいの小さなチアリーダーに他のチームの演技について感想を聞くと、「キックするところがかっこよかったー」とかわいい答えが。

 

主催者・東京ガールズさんの「誰でも参加できて、楽しめる発表会イベントにしたい」という思いに合った、なごやかな雰囲気の発表となりました。


 

この日2回目となる東京ガールズのパフォーマンスのあと、コンペティション(競技部門)6チームの発表がスタート。審査員による評価により順位がつき、上位入賞チームには表彰や賞品があります。

 

競技部門の参加チームの中には、今後チアの大会に挑戦していくというチームもあり、今回のイベントはそれに向けた良い機会になったようです。


 

全チームの演技終了後は、今回の参加特典でもあるキティちゃんとのダンスタイム!

まずは参加チアリーダー全員に、東京ガールズのみなさんによる振り入れが行われました。曲は「Hallo Kitty」。キティちゃんの曲ということで、ダンスの中にはキティちゃんの「K」にちなんだKモーションや、猫のようなポーズも。

 

そして、ダンスをしっかり覚えたところで、みんなから「キティちゃーん!」と呼ばれ再登場したキティちゃん。いよいよキティちゃんとのダンスタイムです! 


 

覚えたばかりのダンスを、キティちゃんと一緒に、楽しく元気に踊ることができました!ダンスを見ていたご家族やスタッフのみなさんも、自然と笑顔に。そこにいた誰もが笑顔になれた、まさに「チア スマイル エブリワン」のイベントとなりました。

 

そしていよいよ、審査発表が行われ、プレゼンテーション(発表部門)の中から3チームに賞が贈られました。

 

チームワークが良かったチームへ贈られる「シナモロール賞」は「Charme☆mini」のみなさん!


 

 

笑顔が良かったチームへ贈られる「ポムポムプリン賞」は「成立チアリーディングクラブ TIARAS」のみなさん!


 

衣装が素敵だったチームへ贈られる「マイメロディー賞」は「BANBIES heart」のみなさん!


 

そして、個人に贈られるベストスマイル賞には、CLOVERSの田中悠愛(ゆあ)ちゃんが受賞しました!


 

審査員の堀池さんから、プレゼンテーション(発表部門)の総評として、3つのポイントがお話しされました。

①もっと笑顔いっぱいで踊りましょう。(緊張で笑顔が少なくなっていたようです)

②モーションはもっと腕を伸ばし、もっと大きく踊りましょう。そして、チームの中でモーションの大きさが揃えられるといいです。

③フォーメーションをもっと工夫しましょう。形だけでなくもっと立体的にすると、より素敵なパフォーマンスになると思います。

 

続いて、コンペティション(競技部門)の中から上位3チームが発表されました。

 

第3位は、Pailette Hope のみなさん!


 

 

第2位は、SWEET CANDY’S team BLUE のみなさん!


 

そして、第1位にはRapora Vita のみなさんが選ばれました!


 

さらに、MVPにはRapora Vitaの鯨井小夏さんが選ばれました!

 


 

コンペティション(競技部門)の総評は審査員の下川さんからお話がありました。

「みなさんとてもチームワークがよく、今日に向けてしっかりとチームで揃えて完成してきた、ということが感じられました。その中でも、難しいテクニックや個性的な振り付けや衣装など、いろいろなことにチャレンジしているチームがたくさんあり、素晴らしいなと感じました。また、今日は残念ながら表彰されなかったチームも、さらにテクニックの完成度を上げたり、アームモーションだけの踊りではなく、ジャズやHIP HOPなどのカテゴリーにも挑戦してもらえればと思います。」

 

最後に審査員の柳下さんから、ご自身がチアを始めたころの素敵なお話があり、子どもたちも真剣な眼差しで聞いていました。

「私がチアを始めたのは25歳のときでしたが、その時に自分の中で3つのルールを作りました。

1つ目は『苦しい時にこそ笑うこと』。先生に怒られても、とにかく笑おうと決めました。その笑顔が誰かのためになり、それが自分のためになります。

2つ目は『できないことはない』。そう思うとあきらめない気持ちが生まれ、気付くと、出来ているんです。

3つ目は、元気よく『はい!』と素直に返事をすること。上手になるには、素直になることが一番です。

この3つのルールを守ったら、気づいたら私はアメリカで踊っていました。夢がかなったんです!

ぜひみなさんも、チアスピリットならではのルールを決め、それを大切にしてください。必ず夢がかないます。」

 

イベントの最後には、キティちゃんと一緒に記念撮影が行われ、CHEER☻EVERYONEは盛大に終了しました!

 

イベント終了後、コンペティション(競技部門)の1位を受賞したRapora Vitaのみなさんにお話を伺いました。

 

---1位を受賞できた今の気持ちは?

今まではあまり大会に出たことがなかったのですが、今日は「優勝したい」という気持ちがあったので、賞をもらえて涙がでるほど嬉しかったです。

 

---イベント全体の感想はどうですか?

最後に他のチームと一緒に踊ったとき、ひとつになれて、楽しく踊れてよかったです。

また、いろいろなチームの演技を見ることで、自分たちのダンスで直したいところが見つかり、いい経験になりました。

 

---今後のチームの目標は?

このチームを結成してまだ1年位なのですが、これからは全国大会に挑戦していきたいと思っています。

このメンバーで踊れる機会はあと1回なので、まずはその大会で気を抜かずにしっかり踊りたいです。そして来季も大会に出たいという気持ちがみんなにあるので、今日学んだことをしっかり練習していきたいと思います。

 

コンペティションの1位を受賞したRapora Vitaのみなさん
コンペティションの1位を受賞したRapora Vitaのみなさん

 

最後に、今回の審査員で東京ガールズ代表の柳下さんに、イベントを開催したきっかけなどをお話いただきました。

東京ガールズ代表 柳下さん
東京ガールズ代表 柳下さん

「私がNBAのチームでチアリーダーをしていたころ、アメリカでのキティちゃんの人気や存在の大きさにびっくりしたんです。その人気は年齢や男女問わずでした。そしてチアを引退したあと、「アメリカでも大人気で日本を代表するキャラクターのキティちゃんと一緒に、もっとチアを広めたい、子どもたちに夢を伝えることを形にしたい」と思いました。

自分がチアリーダーをプロデュースする中で、子どもたちにどうしたらわくわく感やドキドキ感を伝えられるかなと考えてたときに、ご縁があってサンリオさんと出会いその思いを伝えたところ、このサンリオピューロランドでキティちゃんと踊ろうというイベントが開催できたんです。それが4年前。そして4年たってまたご縁があり、今回のイベントが実現できました。

このイベントは、順位を決める大会というだけではなく、初めてイベントや大会に出るというチームを中心に、オリジナルのパフォーマンスを見せる「発表」と、審査される「競技」の部門に分け、どちらでも楽しく参加ができ、そしてその仲間たちと一緒に「キティちゃんと踊ろう」という3本立てにしました。

さらに東京ガールズのパフォーマンスを見てもらうことで、大人になっても輝ける場所があるということも伝えたかったのです。 

キティちゃんの「イ」は笑顔になれる「イ」ですよね。「キティ」と言うと自然と口角が上がって笑顔になれる。そのキティちゃんと一緒にチアをもっと広めていきたいですし、子どもたちにチアスピリットを伝えていけるイベントとして、また開催したいと思います。」

 

「キティちゃんと一緒に子どもたちに夢を伝えたい」という柳下さんの思いが叶った、今回の「CHEER☻EVERYONE」は、たくさんの笑顔と夢があふれたイベントとなりました!

次の開催は1年後を予定しているとのこと。次回の開催が楽しみです。

レポート掲載日:2017.3.10

★チアイベント情報はこちら

 

チア☆ねっとでの「チアイベント情報」への掲載は随時受け付けています。

掲載に関するお問い合わせはこちらのお問い合わせフォームをご利用ください。